BLOGブログ
BLOG

太田市のお葬式の変遷!自宅葬から葬祭ホールへ!

2018/07/02

こんにちは!小さなお葬式や家族葬をご提供している群馬県のメモリアル光彩です。

今回はメモリアル光彩の所在地である太田市におけるお葬式の変遷について、テーマとして取り上げてみたいと思います。

今から数十年前、いわゆる昭和の頃は、お葬式というと自宅で執りおこなうケースが多く、大家族時代の流れを踏襲している感がありました。運営手法も従来のしきたりや格式の高さなどを重視する傾向にあったといえます。

その後、徐々に葬祭ホールを利用した会館型の葬儀が主流となりました。そして、今では葬儀の内容も参列者中心の一般型会葬から、ご家族中心の家族葬を選ばれる人も少なくありません。

私達メモリアル光彩は、家族葬や小さなお葬式から従来型の一般葬まで、多種多様化する葬儀のニーズに対して、幅広く対応しております。

ご家族や参列者の皆様が故人とゆっくりお別れの時間をお過ごしできるように、これからもきめ細やかなサポートを心掛けてまいりますので、何か私達メモリアル光彩でお役に立てることがございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

ロゴ