BLOGブログ
BLOG

葬儀・法事の料理と献杯・・・群馬県太田市のメモリアル光彩

2018/12/09

こんにちは!小さなお葬式や家族葬をご提供している群馬県のメモリアル光彩です。

先月あたりから徐々に寒くなってきたこともあり、11月の法事料理では、お客様から「すき焼き」のご注文を多くいただき、おかげさまで大変好評でした。ありがとうございます。

これからもお客様に喜んでいただけるように新メニューの開発等に精進してまいります。

ところで、通夜・葬儀の本膳に立ち会うと、時々、地域の違いを目にすることがあります。例えば本膳で配られる団子は、私の住んでいる太田市では無く、初めて見た時は驚かされました。

ちなみに、新聞のお悔やみ欄に関しても、群馬県では普通に掲載されていますが、埼玉県では掲載されていないそうです。県境の利根川を渡ると状況も変わるものですね。

さて、葬儀・法事の料理を召し上がる前には、一般的に献杯がおこなわれます。献杯とは相手に敬意を表して杯を差し出すことをいいます。葬儀や法事など弔事では、故人に敬意を表し、死を慎んで杯を差し出し献杯いたします。献杯は静かに発声し、合掌または黙祷をもって締めくくります。

料理専門施設の「旬彩」では、これからも皆様一人ひとりにご満足いただける手造りの料理を各種ご用意し、お客様のご期待にお応えできますよう努力してまいりたいと思います。

今後とも「旬彩」をお引き立てのほど、宜しくお願い申し上げます。

ロゴ