BLOGブログ
BLOG

スタッフとして葬儀に立ち会い、そして思ったこと

2018/12/21

こんにちは!小さなお葬式や家族葬をご提供している群馬県のメモリアル光彩です。

先日、娘さんを亡くした父親がこんなことを話しておりました。

「親よりも先に逝くのは親不孝とかいうけど、障害を持った娘が先に逝ってくれたことは私にとっては親孝行なことなんだ」

高齢のお父さんとしては安心したのかなと思いました。母親が亡くなってから、長い間一人で面倒を見てきたとおっしゃっておりましたので、なんだかとても感慨深いです。

さて、今日は12月21日・・・いよいよ今年も残すところ、あと10日となりました。

よくテレビ等の中継でリポーターが、「師走となり、だいぶ慌ただしくなってまいりました」というシーンを目にしますが、師走という言葉の由来は「師が走り回るほど忙しい」という説が有力みたいですね。皆様におかれましては、年越しの準備は順調に進んでおりますか?だいぶ寒くなってまいりましたので、お風邪など召さないようにされてください。

ちなみにメモリアル光彩は、1年365日24時間対応です。年末年始も葬儀のご依頼・ご相談をお受付しておりますので、どうぞご遠慮なくご連絡ください。

ロゴ