BLOGブログ
BLOG

ご住職による法話「なぜ葬儀をするのか?」を拝聴して・・・

2019/03/27

こんにちは!小さなお葬式や家族葬をご提供している群馬県太田市のメモリアル光彩です。

少子高齢化や核家族化、そして故郷を離れて暮らす人の増加などを背景に、墓守となる後継者がいなくて墓じまいする方が増えているようですね。お寺とのお付き合いもできなくなりますので、ご住職の含蓄のあるお話しを聞けなくなり寂しいようにも感じます。

そういえば、先日のご住職の法話は、色々と考えさせられました。なぜ葬儀をするのか?・・・ご遺体をそのままにしておけないから火葬をする・・・そのためのつきものではなく、仏教では生きているうちのおこないによって、次の生まれ変わり先が決まるという・・・そのために仏教の弟子となり、仏の世界に旅立つ儀式をすること・・・それが葬儀にあたるといわれているそうです。                                                                                

故人があの世で良い思いができるように、残された者が供養をして、徳を積み増してあげるために葬儀があるとお話しされていました。                                                

ちなみに、葬儀の中で重要な儀式である「引導」について、ちょっと調べてみたところ、「先に立って導くこと。迷っている者達を悟りの世界へ導くことを意味し、さらに転化して死者を浄土へ導き入れる儀式を指す」らしいですね。

故人にとって、人生の最後におこなわれる一生に一度の式ですので、毎日緊張感をもって私達は務めております。

当社は、隣町の埼玉県熊谷市に姉妹ホールの「妻沼メモリアルホール光彩」を擁しておりますが、以前、「妻沼にメモリアルホール光彩ができて住民は大変助かっている」というお話しを耳にした時は、あらためてやりがいのある仕事だと実感しました。

これからもお客様に心から寄り添い、きめ細やかなサポートしてまいりたいと思います。

また、太田市のメモリアル光彩には、永代供養のサポートや納骨堂の運営をおこなう日本福祉サポートが隣接しておりますので、墓じまい後のこと等をご相談されたい人は、どうぞご利用くださいませ。

ロゴ