BLOGブログ
BLOG

葬儀料理専門店の旬彩がご提供する季節の料理と線香の豆知識

2019/04/08

こんにちは!小さなお葬式や家族葬をご提供している群馬県太田市のメモリアル光彩です。

桜の花も咲き、いよいよ春本番となってきました。食材もタラの芽、ふきのとうなどの季節を感じる品物が出回ってきましたね。これから筍も旬を迎えますので、料理専門店の旬彩では、色々献立の中に取り入れて、味はもちろん見た目でも季節を感じ取れる料理を提供してまいりたいと思います。

そいえば、先日太田市の葬儀のお手伝いをした時のことです。その地域は通常はその近くの葬儀屋が施行するのですが、知り合いなので当社でお手伝いをしました。

親族様、隣組様、共に清めの料理の違いを話しておりましたので、伺ってみると当社の料理が旨い!とのお言葉を皆様から頂戴いたしました。ありがとうございます。

食べ物といえば、お線香の香りは故人の食べ物と考えられているのを皆様はご存知でしたか?

お亡くなりになってからの四十九日間は、絶やさずお線香をたいておこうという風習があります。

これには、自身の身を清める・お線香をあげる人の自身の心を清める意味も込められていますが、仏様とつながる機会、仏様となった故人と心を通わせる場でもあります。お線香に関するちょっとした豆知識を掲載させていただきましたが、ご参考になりましたでしょうか?

料理専門施設の「旬彩」では、これからも皆様一人ひとりにご満足いただける手造りの料理を各種ご用意し、お客様のご期待にお応えできますよう努力してまいりたいと思います。

今後とも「旬彩」をお引き立てのほど、宜しくお願い申し上げます。

ロゴ