BLOGブログ
BLOG

火葬許可証から埋葬許可証を経て納骨が可能になります!

2019/07/09

こんにちは!小さなお葬式や家族葬をご提供している群馬県太田市のメモリアル光彩です。

火葬された遺骨をお墓や納骨堂などに埋葬することを意味する納骨・・・大切な人を失い、悲しみの中にある家族にとっては、気持ちを整理するための一つの区切りとなる大切な行事といえます。

以前は葬儀をおこなったその日のうちに納骨されることが多かったようですが、今は四十九日まで自宅に安置して、法要の後に納骨されることが多いようです。

納骨する際には、埋葬許可証が必要になります。死亡届を役所に提出した時に発行される火葬許可証が、火葬終了後に証印又は火葬日時が記入されて返却されます。これが埋葬許可証になりますので、紛失しないように骨箱の中に一緒に入れておくと良いと思います。

尚、メモリアル光彩には、一般社団法人日本福祉サポートが管理する納骨堂の「光彩堂」が隣接しております。

幅広い知識をもった専任アドバイザーが常駐しておりますので、より専門的にサポートすることも可能です。納骨に関して何かご不明な点等がございましたら、ご相談してみてはいかがでしょうか?(フリーダイヤル:0120-666-854)

何かメモリアル光彩や日本福祉サポートでお役に立てることがございましたら、どうぞご遠慮なくお声掛け願います。

ロゴ