BLOGブログ
BLOG

最近の葬儀形態の傾向と通夜・本膳の見ていて気づいたこと!

2019/07/17

こんにちは!小さなお葬式や家族葬をご提供している群馬県太田市のメモリアル光彩です。

最近の葬儀の形態は、大きく分けて2つに分類できるそうです。一つは一般的におこなわれているような多くの会葬者が参列される葬儀、もう一つは家族葬です。

ちなみに、家族葬といっても本当に家族だけでおこなう葬儀もあれば、親族だけは参加していただく葬儀もあります。

それから近年、直葬と呼ばれるもっとも簡素な葬送も増えてまいりました。火葬の立合いの無い火葬も増えてきているようですね。

どのような葬儀・葬送にせよ、故人をおもう気持ちは皆さん同じだと思いますので、自分達の価値観や考え方に合った形態を選択されてはいかがでしょうか?

そういえば、葬儀に立ち会う機会が増えてくると、フッと気づくことがあります。そんな気づきに関するお話しをちょっとご紹介させていただきます。

故人が亡くなった原因・理由はそれぞれですし、年齢やその他の状況も人によって、かなり違ってまいります。

通夜・本膳を見ていますと、本当に悲しみに暮れたものから、まるで久しぶりに親族が集まって宴会をしているようなものまで、故人を偲ぶカタチも実に様々なのです。

全て葬儀がしんみりとおこなわれるわけではなく、故人を明るく賑やかに送るというのも、考え方の一つであるということに気づかされました。

メモリアル光彩では、家族葬をはじめ、従来の形式にとらわれないお葬式のプランを色々ご用意しております。葬儀が初めての方でもスタッフが分かりやすく親身になってご案内しますので、何かご不明な点等ございましたら私達メモリアル光彩に、どうぞお気軽にご相談ください。

ロゴ