BLOGブログ
BLOG

忌中看板と焼香の回数!群馬県太田市の葬儀社メモリアル光彩

2019/07/25

こんにちは!小さなお葬式や家族葬をご提供している群馬県太田市のメモリアル光彩です。

忌中看板には式場の場所や通夜・葬儀の日程を掲載したものがあります。故人と親しくしていた人にとっては、必要な情報を得ることができて便利なのですが、反面、通夜・葬儀の時間帯に自宅には誰もいないことや、葬儀後には香典を持って帰ってきているという情報を忌中看板と通じて外部に発信してしまうことにもなりますので、空き巣が入ってしまうケースもあるそうです。

そのような経緯から、最近では忌中看板をださない葬家が多くなってきているように思われます。

また、法事・告別式に参列した際の焼香の回数は、何回おこなうのが正しいのでしょうか?・・・ちょっと気になったので調べてみたところ、焼香には心身を清めるという意味があるそうで、宗派によって回数に違いがあるようですね。

但し、回数にこだわるよりも故人を弔う気持ちを込めることが大切とされているため、どの宗派でも焼香が1回であっても問題とされることはないそうです。

また、参列者の人数が多い時は、1回でおこなうことがマナーとされています。ご参考になれば幸いです。

尚、メモリアル光彩では、お葬式や仏事に関することでしたら、必要に応じて適時アドバイスさせていただいております。葬儀の参列にあたり何かご不明な点等ございましたら、どんな些細なことでも結構ですので、どうぞご遠慮なくご相談ください。

ロゴ