BLOGブログ
BLOG

お仏壇とは?何のためにあるの? <お葬式・仏事の豆知識>

2019/07/29

こんにちは!小さなお葬式や家族葬をご提供している群馬県太田市のメモリアル光彩です。

梅雨も明け、今年も本格的な夏がやってまいりましたが、筆者のまわりでは早くも夏バテ気味の人が何人もおります。夏バテとは、夏の暑さに身体が順応出来ずに現れる様々な症状の総称です。栄養・運動・睡眠をしっかりとり、生活のリズムを整えて、お互いこの夏を乗り切りましょう。

さて、今回のブログはお仏壇について、ちょっと書いてみたいと思います。お仏壇は何のためにあるのでしょう?・・・以前、そんなことをフッと思ったことがありました。

そこで、ちょっと調べたところ、お仏壇はお寺を模した仏様のいる場所であり、家の中にある小さなお寺ということがわかりました。故人やご先祖様への感謝の場としてお仏壇があるということだそうです。これからはそんな意味を思いながらお線香をあげたいと思います。

ちなみに、お仏壇のような祭祀財産は、相続税について課税財産と扱われませんので非課税です。

お仏壇は個人のものではなく共有財産と捉えられるからで、他にも神棚や墓石といったものも祭祀財産にあたりますので非課税となります。

しかし、例えば純金の仏像等、純然たる信仰の対象とは考えにくいものは、課税財産となるケースもありますのでご注意ください。

メモリアル光彩では、お葬式や仏事に関することでしたら、必要に応じて適時アドバイスさせていただいております。何かご不明な点等ございましたら、どんな些細なことでも結構ですので、どうぞご遠慮なくご相談ください。

ロゴ