BLOGブログ
BLOG

7月から150万円を上限に遺産の預貯金払い出しが可能に!

2019/09/07

こんにちは!小さなお葬式や家族葬をご提供している群馬県のメモリアル光彩です。

まだまだ残暑が厳しいですが、季節は秋に移り変わろうとしています。秋の味覚といえば色々思い浮かびますが、やはり代表的なものの1つとして、秋刀魚(さんま)が挙げられます。近年は不漁が問題になっていますが、温暖化による海水温の上昇で回遊ルートが変わったことや、海外でも秋刀魚の需要が増えて日本より先に秋刀魚を獲ってしまっているといったことが原因として言われています。(他にもスルメイカや鮭も年々漁獲量が減っていて不漁続きだそうです)

そのため毎年各地でおこなわれている秋刀魚祭りなども、冷凍秋刀魚を使用する事態も生じているようです。庶民の食卓を守る意味でも、何らかの対策を考える必要がありそうですね。

さて、今回のブログでは、遺産の預貯金払い出し可能になったことについて書いてみたいと思います。

これまでは、故人のお金は遺産分割の対象になるため、たとえば親が亡くなると親名義の銀行口座は凍結され、遺産協議が終わるまでは引き出せませんでした。

しかし、それでは葬儀代の支払いなどで困る遺族もいたことから、150万円を上限に亡くなった人の相続預貯金を遺産分割前でも引き出せる払戻制度が、今年の7月から始まりました。

メモリアル光彩は、葬儀に関連することでしたら、必要に応じて適時アドバイスさせていただいております。何かご不明な点等ございましたら、どんな些細なことでも結構ですので、どうぞご遠慮なくご相談ください。

ロゴ