BLOGブログ
BLOG

葬儀参列中に気をつけたいマナーと家族葬の在り方について!

2019/09/15

こんにちは!小さなお葬式や家族葬をご提供している群馬県のメモリアル光彩です。

通夜・告別式の会場で、友人や知り合いの人に会うこともあると思いますが、仕事や近況等の話しに花が咲いて、葬儀とは思えないくらい大声で笑っている人を見かけることがあります。

やはり葬儀マナーとして、今日は何のためにここに来たのか?という原点に立ち戻り、ご遺族の気持ちに寄り添い、なるべく私語を慎み、礼儀をもって参列してほしいと思います。

また、マスメディア等で度々取り上げられたこともあってか、近年、家族葬という葬儀形態が社会に浸透し、当社でも家族葬をご希望されるお客様は増加傾向にあります。

しかし、家族葬ということでお打ち合わせを進めていくと、初めの段階でのお話しからどんどん変わっていき、本来のご家族だけでゆったりと時間を使い故人を送るという家族葬から、ずいぶん趣が異なることもあります。

しかし、葬儀の正解は1つではありませんので、100人いれば100通りの葬儀があっていいと思います。よって、葬儀形態にこだわるのではなく、自分達が納得のいく内容で施行されたほうが宜しいかと思いますが、皆様はどのようにお考えになりますか?

メモリアル光彩は熊谷市や太田市を中心に、家族葬や小さなお葬式から従来型の一般葬まで、様々な葬儀をサポートしております。ご家族や参列者の皆様が故人とゆっくりお別れの時間をお過ごしできるように、常にきめ細やかなサポートを心掛けていますので、何か私達でお役に立てることがございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

ロゴ