BLOGブログ
BLOG

友引のお通夜やご葬儀について <お葬式・仏事の豆知識>

2020/01/24

こんにちは!小さなお葬式や家族葬をご提供している群馬県太田市のメモリアル光彩です。

お通夜の場合、友引を避ける必要はないとされていますが、葬儀は友引を避けます。

勝負事では、共に引き分ける日とされていますが、「友を引く」という漢字があてられたため、友引に葬儀を行うと、故人と親しかった方まで連れて行ってしまうといわれているからです。

また、全国的に友引の日は、火葬場が休業しているところが多く火葬ができないので葬儀をしてはいけないという認識が広まったという説もあります。

以上のことから、この習慣は守らなければいけないマナーというほどではありませんし、最近では、あまり友引にこだわることも昔に比べて少なくなっている印象があります。

どうやら、「友引に葬儀をしない」や「仏滅に結婚式をしない」というのは、日本人独自の考え・習慣のようですね。

しかし、現在でもこれらの習慣を守ったり、気にしたりする方がいらっしゃるのも事実です。親族・親せきといった関係者から「友引は避けてほしい」という意見が出た場合は、ご葬儀の担当者に日程のご相談をされてみるのも宜しいかと思います。

メモリアル光彩では、お葬式や仏事に関することでしたら、必要に応じて適時アドバイスさせていただいております。

また、皆様の疑問点について、どんな些細なことでも一つひとつ丁寧にお答えいたします。何かご不明な点等ございましたら、どんな些細なことでも結構ですので、どうぞご遠慮なくご相談ください。

ロゴ