BLOGブログ
BLOG

葬儀の際の花と仏壇にあげる線香 <お葬式・仏事の豆知識>

2020/02/25

こんにちは!小さなお葬式や家族葬をご提供している群馬県太田市のメモリアル光彩です。

葬儀では祭壇や供花、枕花、お別れ花など、様々なところでお花が使われます。その中でも一番使われることが多いのが菊です。

菊が使われる理由は諸説ありますが、皇室の紋章が菊であり格式が高いから・・・日本の国花が菊だから・・・菊の香りがお香に似ているから・・・などがあるそうです。

その香りで悲しみの心を落ち着かせてくれるといわれており、葬儀で使われることが多くなりました。そして、寿命が長いことも選ばれる理由として挙げられます。

また、お花はお仏壇にも飾られますが、お仏壇にお参りをする時は、必ずお線香をたきますよね。お線香はロウソクの火から点火して香炉に立てますが、立てる本数は宗派によって違うそうです。

天台宗、真言宗は3本。浄土宗、曹洞宗、臨済宗、日蓮宗は1本。浄土真宗は適当な長さに折って火をつけ寝かせるそうですが、皆様ご存知でしたか?

モリアル光彩では、葬儀マナーを含め、お葬式や仏事に関することでしたら、必要に応じて適時アドバイスさせていただいております。

また、皆様の疑問点について、どんな些細なことでも一つひとつ丁寧にお答えいたします。何かご不明な点等ございましたら、どんな些細なことでも結構ですので、どうぞご遠慮なくご相談ください。

ところで、2月も下旬となり花粉がかなり飛散するようになりましたね。花粉症の人にとっては辛い季節となりました。外出の際はマスクを着用し、また外から帰宅したらうがいをするなどして、なんとか乗り越えましょう。(ちなみに筆者も花粉症です)

ロゴ