BLOGブログ
BLOG

お膳お供えと納棺の儀について <お葬式・仏事の豆知識>

2020/04/17

こんにちは!小さなお葬式や家族葬をご提供している群馬県太田市のメモリアル光彩です。

亡くなられた際の枕元や葬儀の祭壇の前にお膳お供えいたします。まず、ご飯はお茶碗に山盛りによそって、お箸を真ん中に垂直に立てます。汁物はお吸い物や味噌汁を用意します。そして、湯呑み、またはコップにお茶やお水も用意します。お団子は6つで、3つを指で少しつぶして、その上に3つ乗せます。お膳の作り方は、地域などにより異なるので年長者の方などに確認すると良いと思います。

また、納棺の儀とは、お体を拭いたり、着付け・メイクをおこなうなど、大切な方の旅立ちの身支度をして、ご家族様がしっかりとしたお別れができるようにするための儀式です。

故人様の身支度をすることで死を受け止める大切な作業となりますので、立ち会うことをお勧めいたします。

綺麗にメイクされているお姿は、とても穏やかな表情に見えます。また、「納棺の際は、喪服を着たほうが良いですか?」という質問を受けることがありますが、納棺は身内のみで執りおこなうことがほとんどですので、平服で特に問題はないと思います。

メモリアル光彩では、お葬式や仏事に関することでしたら、必要に応じて適時アドバイスさせていただいております。

また、皆様の疑問点について、どんな些細なことでも一つひとつ丁寧にお答えいたします。何かご不明な点等ございましたら、どんな些細なことでも結構ですので、どうぞご遠慮なくご相談ください。

ロゴ