BLOGブログ
BLOG

新型コロナウイルスの影響が葬儀業界にも出てまいりました

2020/04/21

こんにちは!小さなお葬式や家族葬をご提供している群馬県太田市のメモリアル光彩です。

新型コロナウイルスの影響が葬儀業界にも少なからず出てまいりました。

通夜のセット数が減り、オードブルで無く個々にお持ち帰りになったり、本膳では控室の中で席のことでご住職から注意を受けたり、とにかく全てにおいて、少人数・時短・殺菌・手袋・マスクの着用等々を意識して動いております。

また、最近はマスクを着用して焼香に来られる人も増えてきております。会葬者から「マスクしていると失礼でしょうか?」という質問を受けることもありますが、「このような状況ですから・・・」と話すと安心して着用できるようです。

式場に長い時間滞在させないような工夫ができればよいと考えますが、なかなか思い通りにはいきません。開式の時間より早めに進行して、開式の時間に焼香できるように進行したいものです。今後、通夜振る舞いや本膳なども簡素化が進む可能性がありそうですね。

新型コロナウイルスによって、今春は卒業式の簡素化や休校による通学日数の短縮等、教育の現場にも様々な影響が出ております。とにかく1日でも早く沈静化して欲しいと願っております。

尚、相変わらずマスク不足が続き、ドラッグストアやスーパーマーケットの店頭からマスクが消えて久しいですが、キッチンペーパーと輪ゴムとホチキスで作る簡易マスクの作成方法が警視庁のサイトに掲載されていて注目を集めているようです。ご興味をもたれた方はアクセスしてみてはいかがでしょう?

ロゴ