BLOGブログ
BLOG

終活とエンディングノートの関係 <お葬式・仏事の豆知識>

2020/07/30

こんにちは!小さなお葬式や家族葬をご提供している群馬県太田市のメモリアル光彩です。

夏本番ですね。今年の夏は新型コロナウイルス予防のため、外出時にマスク着用となることが予想されますが、実は熱中症の危険があります。

熱がこもりやすく体温が上がりやすいこと、そして口元の湿度が高まることにより喉が渇きを感じにくくなるので水分をとり忘れ、自覚がないまま脱水症状が進むこと・・・この2つ理由により、熱中症になってしまう可能性があるのです。皆様、どうぞお気をつけください。

今回のブログのテーマはタイトルにもありますように「終活とエンディングノートの関係」についてです。

終活・・・そのような言葉を耳にするようになって久しいですが、最近では「エンディングノートありますか?」とお客様から質問されることも度々あります。

エンディングノート・・・皆さん、どのようなことを書くのでしょう・・・。葬儀社で働く人間の勝手な解釈からしますと、亡くなった時に何処に連絡をするのか?一般葬?それとも家族葬?どんな棺?骨箱?費用は?・・・そんなところかなぁ・・・と思いました。

でも実際には、プロフィールや家系図、病状が深刻になった時の延命措置の有無、認知症になった際の希望、財産のこと、亡くなった時の葬儀の希望、相続に関すること、家族・友人へのメッセージ、ペットのこと、身の回りの片づけ・・・等々、葬儀については、意外と少ないように思いました。

残った家族が困らないようにと事細かく書くようです。どんな思いで書くのかと考えると胸が痛くなります。

メモリアル光彩では、お葬式や仏事に関することでしたら、必要に応じて適時アドバイスさせていただいております。

また、皆様の疑問点について、どんな些細なことでも一つひとつ丁寧にお答えいたします。何かご不明な点等ございましたら、どんな些細なことでも結構ですので、どうぞご遠慮なくご相談ください。

ロゴ