BLOGブログ
BLOG

友引のお葬式や火葬は良くないといわれている理由とは?

2020/08/03

こんにちは!小さなお葬式や家族葬をご提供している群馬県太田市のメモリアル光彩です。

友引のお葬式・火葬は良くないといわれています。なぜなら「友引」という漢字から故人が冥土に友を引くと考えられていたからだそうです。

そして、友引が火葬をおこなうには適していないという印象をもっている参列予定者への配慮から、友引の日には葬儀をおこなわないことが多いみたいですね。

また、火葬場自体がお休みになっている地域も少なくないので、施行できないという理由もあります。

火葬場の友引お休み説については、ちょっと気になったので調べてみたところ、友引が火葬場の利用者に避けられる傾向にあるので、友引の日を定休日にしているようです。

尚、定休日の翌日は、前日に火葬できなかったこともあり、施設は非常に込み合いますので、お葬式や火葬の日程を決める時はご参考にされてください。

ちなみに、火葬ができないだけなので、通夜を執りおこなうことには問題ありません。お通夜では火葬しませんので、友引にお通夜をおこなう地域は数多くあるようです。

メモリアル光彩では、葬儀に関する皆様の疑問について、スタッフが分かりやすく親身になってご説明しますので、ご遠慮なくお問い合わせ願います。

葬儀に関することで何かお困りのことがございましたら、どんな些細なことでも結構です。いつでもお気軽にご相談ください。

良い葬儀社選びは、良い担当者選びでもあると私達は考えますので、ぜひ、葬儀の事前相談・生前相談の際は、メモリアル光彩スタッフの人柄等も体感されることをご推奨いたします。皆様からのご連絡・ご来店、スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

ロゴ