BLOGブログ
BLOG

香典の金額と秋彼岸に関すること <お葬式・仏事の豆知識>

2020/09/20

こんにちは!小さなお葬式や家族葬をご提供している群馬県太田市のメモリアル光彩です。

最近、家族葬や新型コロナウイルスの影響で受付をご近所の方にお願いせず、当社で対応させていただく機会が増えてまいりました。

今回のブログでは受付という視点から、お勤め先の関係やご友人関係の葬儀に参列される際、お包みする香典の金額について書いてみたいと思います。

一般の受付窓口ですと5,000円のお付き合いが多く、または10,000円の方もいらっしゃいます

新生活の窓口ですと3,000円から2,000円のお付き合いが多いようです。包んだ金額は、後で送った側に不幸があった際に相手が渡す際の基準となりますので、多額の香典を包むと相手方のご負担になることもあります。大きな金額は包まないようにしましょう。

今回のブログでは、豆知識をもう1つ・・・昨日は秋の彼岸入りでしたが、浄土系の信仰では、人は死後、阿弥陀如来の導きにより彼岸に渡ることができるとされ、彼岸の仏事は来るべき日に私達も無事にたどりつけるように祈る考え方があります。

秋の彼岸には、季節の花、萩に由来する御萩を供え食す習慣があります。春の彼岸では牡丹、牡丹餅となります。皆さん、ご存知でしたか?

メモリアル光彩では、お葬式や仏事に関することでしたら、必要に応じて適時アドバイスさせていただいております。

また、皆様の疑問点について、どんな些細なことでも一つひとつ丁寧にお答えいたします。何かご不明な点等ございましたら、どんな些細なことでも結構ですので、どうぞご遠慮なくご相談ください。

ロゴ