BLOGブログ
BLOG

冠婚葬祭業者が連携!災害時における犠牲者の遺体安置や搬送

2021/05/14

こんにちは!小さなお葬式や家族葬をご提供している群馬県太田市のメモリアル光彩です。

2020年7月21日のヤフーニュースの中に、「冠婚葬祭業者が連携・・・災害時に犠牲者の遺体安置や搬送などできる協定締結」という岡山放送のニュースが掲載されておりました。その放送内容を下記にご紹介いたします。

 

「香川県は7月21日、災害時に犠牲者の遺体安置や搬送などを要請できる協定を全国の冠婚葬祭業者で作る協会と結びました。

協会関係者に浜田知事は「災害はいつ起きてもおかしくない。その際は犠牲者への丁重な対応が必要なので心強い」と挨拶しました。

すでに27の都道府県が同じ協定を結んでいて、今回の熊本の豪雨災害でも協会が遺体の取り扱いで支援をしたということです」

 

同業者として、大変興味深いニュースでしたが、皆さんはどのようにお感じになりましたか?

メモリアル光彩は直葬・1日葬・家族葬から、2日間かけて通夜と告別式を執りおこなう一般的なお葬式まで、様々な葬送の形態に対応しております。

特に、お葬式が初めての方に対しては、豊富な経験と知識をもった専門スタッフが、極力専門用語を使わずに、分かりやすく親身なご説明を心掛けております。

何かご不明な点やご不安な点等がございましたら、どうぞご安心して何でもご質問ください。

ロゴ