BLOGブログ
BLOG

火葬式・一日葬・家族葬!コロナ禍で増加傾向の葬儀プラン

2021/07/17

こんにちは!小さなお葬式や家族葬をご提供している群馬県太田市のメモリアル光彩です。

東京オリンピック開幕まで一週間を切りましたが、ご存知のように現在、東京都は4度目の緊急事態宣言下にあります。とにかく今大会が無事に終わることを願ってやみません。

未だ収束の兆しが見えない新型コロナウイルス感染症の影響で、葬儀業界においても、直葬・一日葬・家族葬といった葬儀プランを選択される方々が増加傾向にあります。

火葬式(直葬)は、火葬場にて火葬のみをおこなうシンプルな葬儀プランですが、新型コロナウイルスの感染リスクを極力避けるという観点から、またコロナ禍における経済的な影響もあってかニーズが高まっている印象があります。

一日葬は、二日間かけておこなう通常の葬儀と比べて、参列者が集まる時間が少なくなり感染リスクが低くなること、そしてご親族の精神的・身体的なご負担が低減されること等が選ばれる理由のようです。

家族葬は、参列者がご家族や親族等、生前故人と親しかった人に限定されるので、やはり感染リスクが低くなることが選択される背景にあるように思えます。

メモリアル光彩では、お客様に安心してご利用していただくため、手洗い、うがい、マスクといった対策はもちろんのこと、お客様がご利用するテーブルやイス、ドアノブなどに対しても、除菌用アルコールでの清掃等を徹底しております。

これからも可能な限り感染防止に努めてまいりますので、ご葬儀の際はぜひメモリアル光彩をご利用ください。

さて、昨日、関東・甲信越地方は梅雨明けしたこともあり、今日は真夏日の非常に暑い一日となりました。いよいよ夏本番ですね。皆様、熱中症にはご注意願います。

ロゴ