BLOGブログ
BLOG

お悔やみの言葉のかけ方について <お葬式・仏事の豆知識>

2021/07/22

こんにちは!小さなお葬式や家族葬をご提供している群馬県太田市のメモリアル光彩です。

今回のブログでは、お悔やみの言葉のかけ方をテーマに書いてみたいと思います。

お悔やみの言葉をご遺族に伝える際は、故人の死を悼む気持ちを込めながら「この度はご愁傷様でございます」に代表されるように、短く簡潔に伝えるようにします。

 

<お悔やみの言葉 例>

この度はご愁傷様でございます

哀悼の意を表します

この度はお悔やみ申し上げます

ご冥福をお祈りいたします

 

声のトーンは低めにして小さめの声で挨拶するのが基本です。また、死因などを詳しく尋ねる行為や忌み言葉の使用はNGですので注意してください。

それから、故人が信仰していた宗教・宗派によって、使用を避けたほうがいいお悔やみの言葉もありますので、参列の際には配慮するようにしましょう。

メモリアル光彩では、お葬式や仏事に関することでしたら、必要に応じて適時アドバイスさせていただいております。何かご不明な点等ございましたら、どんな些細なことでも結構ですので、どうぞご遠慮なくご相談ください。

ロゴ