BLOGブログ
BLOG

通夜・葬儀の祭壇などに飾る遺影 <お葬式・仏事の豆知識>

2022/06/10

こんにちは!小さなお葬式や家族葬をご提供している群馬県太田市のメモリアル光彩です。

遺影とは、通夜や葬儀の際に祭壇などに飾る故人の写真です。通常は胸から上の肖像で、以前は漆塗りの黒のフレームに着物を着たモノクロの写真を用いることが多かったように思います。

しかし、最近はカラー写真が使われることが多くなり、フレームの自由度も増した印象があります。

遺影を選ぶ時は、参列者の皆様が在りし日の故人を思い出しながらお見送りできるように、故人の人柄が分かるような写真にすることが留意点として挙げられます。

近年は「葬儀前の慌ただしさの中で家族に遺影探しの負担をかけたくない」や「自分の遺影は自分で用意したい」といった理由で、予めご自身で遺影を準備する人も増えてきております。

いずれにせよ、お葬式は故人との最後のお別れの場ですので、それにふさわしいものを選択されることをご推奨いたします。

メモリアル光彩は、お葬式や仏事に関することでしたら、必要に応じて適時アドバイスさせていただいております。何かご不明な点等ございましたら、どんな些細なことでも結構ですので、スタッフまでどうぞご遠慮なくご相談ください。

直接お会いできない場合は、フリーダイヤル:0120-68-6872まで、お気軽にご連絡願います。

ロゴ