BLOGブログ
BLOG

火葬式といわれる葬送形態の直葬が近年増加傾向にある理由!

2024/03/15

こんにちは!小さなお葬式や家族葬をご提供している群馬県太田市のメモリアル光彩です。

コロナ禍の頃は、「ソーシャルディスタンスの確保」や「3密回避」といった観点から、通夜や告別式を2日間かけて執りおこなう一般的な葬儀ではなく、火葬式といわれる直葬を選択するお客様が増えた印象があります。

一般的な葬儀は3密になりやすく、仮に感染した場合、重症リスクの高い高齢者が参列者に多いことが大きな要因だと思います。

しかし、実はコロナ禍になる前から、直送を選択するお客様は増加傾向にあり、それはコロナが落ち着いた現在も同じです。

直葬はご遺体のお迎え・安置・そして火葬をおこなう非常にシンプルなプランで、通夜・葬儀・初七日などの儀式は省きます。

また、一般的な葬儀と比較すると、葬送に関わる時間が短いので、参列者対応などのご負担が少なく、また、基本的には参列者の飲食接待おこなわないので、経済的なご負担を抑えることができます。

そのような理由で直葬を選ぶ人が増えてきたように思われますが、近年、葬儀に対する考え方や私達の生活様式が変容してきたことも影響しているのではないでしょうか?

現在、メモリアル光彩は火葬式プランを15万円(税別)でご用意しております。僧侶による読経や戒名をご希望される方には、オプションでご用意しておりますので、スタッフまでお気軽にお声がけください。

ご来店してのご相談が難しいお客様につきましては、お電話(フリーダイヤル0120-68-6872)にてご連絡願います。

ロゴ